フォーミュラV2の設定方法を徹底解説!初心者又は他メーカーからの移行ユーザー向け

Formula v2 Setting method

フォミュラV2のボタンレイアウトとその機能について

今回はFANATECのClub Sport Steering Wheel Formula V2の下記画像を参照しながら、これからレーシングシムを始める方や、又は既に始められてる方が他メーカーからFANATECベースに移行しようと検討中の方にフォーカスし、筆者なりにわかりやすくを目標にステアリングの設定方法を記事にしましたので是非このページを活用して下さい。(ホイールベースはCSW V2.5を使用)

※尚このページに記載する内容はPC環境での使用を前提に作成しておりますのでご了承ください!

下の画像は Formula V2ですが最近リリースされたばかりのClub Sport Steering Wheel Formula V2.5でもおそらく設定方法などは以下に記述する内容と相違ないものと思われます

センター校正

v2

ステアリングのセンター校正は、ファームウェアの更新後にステアリングが中央に戻らず焦ってしまうのですが、どうやらそういう仕様らしいので焦らずゆっくりとこの記事を参考に確実に操作して頂ければ大丈夫です!また、ご使用環境がPCの場合はファームウェアの更新時にステアリングが回転し、変な角度で停止してしまいステアリングと繋がっているベース本体(CSW V2.5)のモードLEDランプが緑色に変化します

(緑色のモードはX-BOXモードです)これをPCモード(赤)に戻す必要があります

上記のモード切替画像を参照し赤色で表示されている2つのボタンを同時に2秒間長押しするとPCモードとなる

CSW V2.5のLEDランプが赤色に変化したらPCモードに入りセンター校正の設定が可能になります。以降は手順で解説するので順序どおりに実行すればステアリングのセンター校正は完了となります

手順1

上記センター校正画像を参照しチューニングボタンをポチッと一回押します(小さいので注意!)

手順2

次にステアリングを自分が中央だと思う所で停止させセンター校正画像の2つの赤色のボタンを同時に押し込みます(白枠部分)ステアリングの形状によりけりですがセンター精度が気になる方は定規や大きめの分度器などツールを使用してより詳細に計測するのもありかと思います!

(精度はそれほど重要!)ステアリング中央部には遊びが設けられており、もしかするとそれほど神経質にならなくてもある程度の精度は確保できるものと思われます!寸分の差であれば違いは体感できないでしょう

シム天流センター校正時に使用するツール

ズバリ!精度の高い水平計を利用する

Formla V2のようにステアリング上部の断面がある程度水平なら考え方次第で色々工夫できると思います。例えば金属製の2mm~3mm程度の板をご自分で用意し粘着性の低い両面テープ等でステアリング上部に固定します
必ず粘着剤などが残らないようなものを選択して下さい
次に水平計の下部分がマグネットになっている物を購入し鉄板の上に置いて計測します!以上

いずれにしても設置されている床やコックピットが水平であることが前提ではあります

手順3

再度チューニングボタンを押し込みます。以上で完了ですが確認の為一度ハンドルコントローラーの電源を切り再度入れ直してステアリングが無事中央で停止すれば完了です

シフタ校正

v2

シフター校正はFANATEC Club Sport Shifter SQ V1.5を例に手順で説明していきたいと思います

手順1

まず最初にお手持ちのシフターのモードをHパターン側にスライドさせてHパターンモードにします 次にギアのポジションがニュートラル位置にあるか確認をします

手順2

次に上のシフター校正の画像を参照しチューニングボタンと赤色のボタンを同時に押すとステアリングの液晶部が点灯しGEAR Nと表示されGEAR設定が可能な状態になります

手順3

その状態を維持しつつ赤色のボタンだけを押し込むとGEAR Rと表示されるのでRのポジションにギヤを入れます

手順4

次にギヤをRのポジションに入れたまま赤色のボタンを押し込むと今度はGEAR 1と表示されるのでギヤを1速に入れます

(ここから先は以下の繰り返しになります)赤ボタンを押し込みGEAR 2と表示されたらギヤを2速へ・・・7速のポジションまでシフトレバーを入れたら最後にもう一度赤色のボタンを押すとステアリングのディスプレイが消灯し、シフター校正が完了します!

ギヤを7速からニュートラル位置に戻しておきましょう

手順5

最後にちゃんと設定できてるか確認をしましょう。そのままの状態でGEAR RからGEAR 7までを実際に動かしてみて現在のギヤ位置と液晶に表示される番号が合っていればシフター校正の完了です

お疲れさまでした

チューニングオプション

チューニングオプションとは主に、ゲーム内で使用するFOR(力)SEN(ステアリング角度=感度)SPR(バネ)FEI(力効果強度)
BRF(ブレーキ力)FF(フォースフィードバック)他にも数種類設定項目があるのですが、これらのパラメーターを設定して5つの独立した設定が保存できるようになります。例えばですが、今日は身体がクタクタに疲れてるので、フォースフィードバックを弱いセッティングでプレイしようか迷った時にSET1のFFの数値を30とかに設定しておけばSET1を選択すればOKです。この車両は乗っていて凄く爽快感があるので手に路面のバンプを程々に感じたいなァーと思うのであればSET3辺りに設定できる中間値位の数値に設定しておきSET3を選択してプレイします。因みに1つの設定の中(SET1やSET2)に上で説明したパラメーターが設定できるのでFANATECのベースには十分満足できると確信しています。パラメーターの詳細はまた別記事で紹介できればと思います

チューニングオプション設定編

それでは実際に設定を割当てて行きましょう

v2

手順1

上記チューニングオプションの画像を参照しチューニングボタンを一回ポチッと押し込みます

するとディスプレイにSET○(○の部分は数字の1から5のどれか)が表示されます

パラメーターを設定したい番号にFunky Switchを右又は左に回して1~5の番号を選択します

手順2

次にFunky Switchを右又は左にカチッと押し込むと、設定できる項目が表示されるので、その状態のままFunky Switchを押し込むか、ダイヤル(回す)します。お好みの数値にFunky Switchを回して調整します。継続的に設定項目を設定したい場合は、その状態からFunky Switchを右又は左に押し込み項目を表示させFunky Switchを回してパラメーターの調整を行います!以上で説明した手順をSET1~SET5まで割り当てれば独立設定が5つ作成できた事になるので、このコースではSET1で、この車両ではSET3で走ろうとか、そのような事が可能になるので是非すべてのSETにパラメーターを割り当てる事をオススメします。すべて割り当てたら最後にチューニングボタンをポチッと一回押してもらえればと思います

モード

最後にモードについて解説します。ステアリングのセンター校正の解説でも少し触れましたが、赤色ボタン2ヶ所を2秒間長押しするとX-BOXモード(緑色)とPCモード(赤色)にPower Switchの色が変化し、それぞれの機器で動作するようになります。つまりFANATECベース(CSW V2.5)をどちらで使用するか選んでねって事です!(充分理解してる方のほうが多いとは思いますが)

記事のおさらい

それでは最後に復習も兼ねて記事のおさらいをしてみようかと思います

おさらい

1.このページに記載する内容はPC環境での使用を前提に作成しております

2.おそらくですがClub Sport Steering Wheel Formula V2.5にも対応する内容となっている

3.ステアリングが中央に戻らず焦った場合はCSW V2.5のボタンの色を見るべし

4.LEDが緑色の時はX-BOXモードで赤色がPCモード

5.モード変更時はモード画像の赤色表示ボタン2つを2秒間同時に長押しするべし

6.センター精度が気になる場合は水平計を利用すべし

7.必ず粘着剤などが残らないようなものを選択して調整後は剥ぐべし(自己責任です)

8.センター校正が設定できたら電源を切り再度入れ直して確認するべし

9.チューニングオプションでは5つの独立した設定が保存できる

10.最初にお手持ちのシフターのモードをHパターン側にスライドさせるべし

ハイ!今回はここまでとします。次回は・・・お楽しみに!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました